ProVideoPlayer(PVP)とPlayAudio12を使ってタイムコード音声付き動画を再生する方法

2020年7月10日の投稿を再掲します。

これまで、映像コンテンツとステージ照明を完全同期させる時に、ステレオ音声入り動画クリップと、タイムコード音声(ピーガガガ・・・)入り動画クリップを、T2プレイヤーを同期再生して対応していました。
今回、音響さんから「PlayAudio12」という、USB音声をアナログマルチトラックに分けられる機材があると教えていただきました。
イベントの映像再生で使っている「ProVideoPlayer3」と「PlayAudio12」で、ステレオ音声+タイムコード音声付動画クリップ(3ch音声)が再生できることを確認したので、資料にまとめました。
※資料に間違いがあれば、随時修正します

概要:FinalCutProXで3ch音声付クリップを制作→PVP3で再生する

1-1.新規プロジェクトを作る、オーディオをサラウンドにする

1-2.タイムラインにステレオ音声入りクリップを貼り付ける

1-3.タイムラインにTC音クリップを貼り付ける

1-4.TC音をデュアルモノにする

1-5.TC音トラックを1つミュートする

1-6.完成

2-1.クリップの書き出し、マスターを選ぶ

2-2a.QuickTimeムービーで書き出した場合

2-2b.マルチトラックQuickTimeムービーで書き出した場合

3.PVP3で再生する

4-1.PVP3の設定、クリップのInspectorを表示する

4-2.Channel Routingを表示する

4-3.Channel Routingの設定

4-4.Channel Routingの設定(TCを3chに出力)

4-5.Channel Routingの設定(TCを4chに出力)

5.PVP2で再生する場合

今回は「3ch」「タイムコード音声」でご紹介しましたが、この方法を応用して、マルチch音声付き動画の再生が可能になります。

パワーポイントPC2台一斉制御機

2019年2月19日の投稿を再掲します

パワポ2台一斉制御機がバージョンアップしました。

https://arte-v.jp/PIS.html

従来機との違い 新作           従来機
大きさ     w100 d75 h47.5       w140 d100 h58
スイッチ1   ↓キー           左クリック
スイッチ2   ↑キー           右クリック
外部ボタン   進むボタンを増設可能   なし
クリック感   あり           なし
USBケーブル  市販USBケーブルを使用  本体付属     
製品名/型番:PC2台一斉制御機/SS-PIS02B
販売価格:https://arte-v.jp/PIS.html をご参照ください
レンタル価格:3,000円(1日料金、税別)
用途:2台のパワポPCを同時に進めたり戻したりできます。

ご要望に合わせてカスタム製作が可能です。

YAMAHA MG10XUのUSB入力 音声が歪む件(対処法)

2018年7月9日付Blogを再掲します。

YAMAHAの10chミキサー「MG10XU」を購入した。
開封後、Windows10PC(mouse)と接続し、サンプルミュージックを再生してみたら、約1分間隔で音が歪んだ(デジタルノイズっぽい感じ)(Macでは歪まなかった)
早速、ヤマハに問い合わせると、即日で回答が来て、試すと問題解決した。MG10XUに限らないようなので、今後のメモ代わりに記載。
以下、ヤマハからの回答文書です。

==============================
回答:
オーディオインターフェースの動作が不安定な場合における一般的なトラブルシューティングをご案内いたします。
すでにご実行いただいている項目もあるかと存じますが、いま一度ご確認ください。

◇ 最新版のYamaha Steinberg USB Driver のインストール (Windowsの場合のみ)
以下のページから最新版のYamaha Steinberg USB Driverをダウンロードしていただき、MG10XUをUSB接続した状態でインストールをご実行ください。
 ・Yamaha Steinberg USB Driver V1.10.1 for Win 10/8.1/7(SP1) (32bit/64bit)
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/downloads/firmware_software/yamaha_steinberg_usb_driver/yamaha_steinberg_usb_driver_win_latest.jsp

◇ MG10XUのBuffer Sizeの変更 (Windowsの場合のみ)
以下の手順でMG10XUのBuffer Size をより大きい値に変更していただき、状況が改善するかをご確認ください。
1. MG10XUをコンピューターにUSB接続して電源を入れます。
2. コンピューターの「コントロールパネル」>「Yamaha Steinberg USB Driver」を選択します。
3. 「Yamaha Steinberg USB Driver」画面の「ASIO」タブを開きます。
4. 「ASIO」タブページの「Device」欄に「MG-XU」が選択されていることを確認して、「Buffer Size」欄の値をより大きいものに変更します。(※)
 ※動作が安定する「Buffer Size」値はコンピューターによって異なります。
  標準的なスペックのコンピューターの場合、「512 Samples」以上であれば動作が安定する場合が多いです。
  順に値を変更して動作を確認してください。
5. 「OK」ボタンをクリックして「Yamaha Steinberg USB Driver」画面を閉じます。
6. MG10XUの動作を確認します。

→→→今回はここで解決\(^^)/

◇ MG10XUのSample Rateの変更(Windowsの場合のみ)
MG10XUのSample Rate設定が音声ソフトウェアの設定と合っていない場合、ノイズや音切れの原因となる場合があります。
以下の手順で値を変更してMG10XUの動作をご確認ください。
1. MG10XUをコンピューターにUSB接続して電源を入れます。
2. コンピューターの「コントロールパネル」>「Yamaha Steinberg USB Driver」を選択します。
3. 「Yamaha Steinberg USB Driver」画面の「MG-XU」タブを開きます。
4. 「MG-XU」タブページの「Sample Rate」欄の値を「48 kHz」に設定します。(※)
 ※この設定の「48 kHz」という値は、一般的な音声ソフトウェアで扱えることが多い参考値です。
  実際の設定値は使用している音声ソフトウェアの仕様、設定をご確認のうえ、選択してください。
5. 「OK」ボタンをクリックして「Yamaha Steinberg USB Driver」画面を閉じます。
6. MG10XUの動作を確認します。

◇ コンピューター上で起動しているアプリケーションについて
コンピューター上で複数のアプリケーションが同時に起動している場合、ノイズや音飛びの原因となる場合があります。
その際は、音声を再生しているアプリケーション以外はすべて終了させて、動作をご確認ください。

◇ USB接続状況の確認
MG10XUがコンピューターに正常にUSB接続として認識されていない場合、ノイズや音切れの原因となる場合があります。
念のため、マウス・キーボード以外のUSB機器をコンピューターから取り外していただき、MG10XUを直接コンピューターに接続してください。(※)
 ※USBハブを使用することで、動作が不安定になることがございます。そのため、USBハブのご使用はお控えください。
また、コンピューターに複数のUSBポートが搭載されている場合、念のためすべてのUSBポートへの接続をお試しください。
同じコンピューターであっても、接続するUSBポートによってはMG10XUが正常に動作しない、という過去の事例がございました。

◇ MG10XU以外の機器の確認
ノイズや音切れの原因はMG10XU以外にもある可能性がございます。
MG10XUに接続している、スピーカーやヘッドフォン、楽器、または各機器を接続しているケーブルなど、MG10XU以外の機器に問題がないことをご確認ください。

◇ コンピューター環境の確認
音飛びの原因がご使用されているコンピューター環境にある場合がございます。
この問題を切り分けるために、可能であれば別のコンピューターでの動作をご確認いただくことをお勧めいたします。

=================================
以上です。

さすが、一流メーカーの対応は素晴らしい!と感じた今回でした。

[覚書]vMixオーディオ入力の注意点

vMixに会場ミキサーさんからの音声を入力して配信に乗せる際、オーディオ入力chの設定を正確にしないと、音声が出なくなることがあります。

オーディオ入力ch/設定/
「Automaticaly mix audio」から「Automaticaly Pause after Transition」までのチェックを全て外しておく!

特に「Automaticaly mix audio」のチェックを外さないと、間違って本番中にオーディオ入力chをPreview選択すると、音声がオフになってしまいます。
必ずチェックを外しましょう。

オーディオ入力の設定

間違いがありましたらご指摘ください

[覚書]vMixのTIPS

(注:私はvMixの[表示]を英語にしています)
間違いがありましたらご指摘ください

クロマキー
1.グリーンバック素材をInputに追加
2.グリーンバックInput/編集/カラーキー/カラーキーにチェック/抜きたい色を選択/微調整
3.クロマキー用Inputを作る(blanc)
4.グリーンバックInputをレイヤー/2に
5.背景Inputをレイヤー/1に
※その他Inputを追加したい時は、グリーンバックと背景の間のレイヤーに追加する

PGM切替後も音が残るようにする
1.input/設定/General/Automatically mix audio,Automatically Play with Transition,Automatically Pause after Transition のチェックを外す
※再生途中に音を消したい場合は、手動もしくはトリガー・ショートカットで操作する

PGMがInputAになったらInputBをPreviewに配置する
1.inputA/設定/Triggers/OnTransitionIn/InputB/
Duration:何でも良い、Delay:ミリ秒後に、Mix:基本は1

PGMがInputAになったらテロップ1(inputB)が表示される
1.inputA/設定/Triggers/OnTransitionIn/OverlayInput1In/InputB
Delay:ミリ秒後に

InputAPGMから外れたらテロップ1(inputB)がOFFになる
1.inputA/設定/Triggers/OnTransitionOut/OverlayInput1Off/preview
Delay:0
※Input○Off:カットアウト、Input○Out:トランジションアウト

UVCコンバーターはUSBハブを使わず、直接PCのUSBに繋ぐこと

[覚書] CANON リモートカメラ CR-N300+リモコン RC-IP100のIPアドレス設定

①N300のIPを自動(DHCP)にする
1. CANONカメラ検索ツールがインストールされたPCをN300の現在のIPアドレスと同じグループに設定
2. PCとN300をLANケーブルで接続
3. CANONカメラ検索ツールでカメラを検索
4. “IPv4アドレス”をクリック
5. ユーザー名/パスワードを入力して、”Setting Page for IP Camera”を立ち上げる
6. 右上”三”/システム/通信/ネットワーク


7. IPv4アドレス設定方式を「自動設定(DHCP)」に設定する
8. 再起動表示されていたら適用して再起動する
9. IPv4アドレス(DHCP)を確認する

②N300のIPをマニュアルにする
1. CANONカメラ検索ツールがインストールされたPCをN300の現在のIPアドレスと同じグループに設定
2. PCとN300をLANケーブルで接続
3. CANONカメラ検索ツールでカメラを検索
4. “IPv4アドレス”をクリック
5. ユーザー名/パスワードを入力して、”Setting Page for IP Camera”を立ち上げる
6. 右上”三”/システム/通信/ネットワーク
7. IPv4アドレス設定方式を「マニュアル設定」に設定する
8. IPv4アドレス/サブネットマスクを設定する。(例:192.168.100.200/255.255.255.0)
9. 再起動表示されていたら適用して再起動する
10. IPv4アドレスを確認する

③RC-IP100のIPアドレスを設定する
1. SETTINGS/CONTROLER/Network/CONTROLER
2. IP Addressを設定する(N300のIPアドレスと同じグループに、他のPC等と重ならないように)
3. ENTER→BACK/CAMERA REGISTRATION/Manualをタップ
4. CAM Group,CAM No.を選択し、↑で確認したカメラのIP Addressを入力→ENTER→HOME
5.指定したカメラNo.が点灯したら設定完了です

☆IPアドレスを設定して、ブラウザからカメラコントロールできるのに、リモコンからコントロールができない場合は、リモコンのファームウエアを最新版に更新する
(弊社RC-IP100は新規購入時にこの症状になった)

☆カメラーリモコン1対1の時は、ネットワークハブ不要だが、事前にIPアドレスをマニュアルにしておくこと

☆ルーター経由で使用する時は、DHCPを推奨。

MAGEWELL Pro ConvertシリーズのIPアドレスを手動設定する

vMixを扱うと、サブスイッチャーやお客さん持込みPCをNDI化する用として、NDIコンバーターが必要です。
弊社ではMAGEWELL社の「Pro Convert SDI Plus」と「Pro Convert HDMI Plus」を導入しています。

Pro ConvertシリーズのIPアドレスを手動設定する方法をご紹介します。
※この例はルーターに接続していない例です。

1.vMixPCのIPアドレスを確認する
 設定/ネットワーク/状態/ハードウエアと接続のプロパティを表示する

→イーサネット/IPアドレスを確認(例:169.254.207.91/16)

2.Pro ConvertをUSB接続する
 コンピュータ/ネットワーク/ProConvert#xをダブルクリック

 →サインイン→工場設定のままならUser name「Admin」、Password「Admin」

 →System/NetWork/Set IP Adress ManuallyをONにする

 →IP Adress:3つ目まではPCのIPアドレスを参照して入力、4つ目は他と重ならない数字を任意で入力
  Subnet mask:255.255.255.0と入力
  Gateway:3つ目まではIP Adressと同じ、最後は1と入力
  DNS server:Gatewayと同じ

 →「Apply」をクリック

 →Dashboardで確認して終了